TEL:0745-32-7860

〒636-0815 奈良県生駒郡三郷町
勢野北1丁目2-20

奈良県生駒郡の歯科 さくら歯科医院

Q&A

信貴山下駅のさくら歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

〒636-0815 奈良県生駒郡
三郷町勢野北1丁目2-20

午前 9:30~12:30
午後 14:30~19:30
■混雑時間帯 平日/午前 土/午前
■祝日のある週は木曜日の午前中、診療しております。

歯科全般とむし歯のQ&A

むし歯の治療に何回も通わないといけないのはなぜ?
むし歯の治療は、歯科医師の技術だけで治るわけではありません。一番重要なのは本人の治癒力です。
我々の行う治療はそれを引き出す環境を作り出すことです。
小さなむし歯であれば技術だけで修復可能です。しかしむし歯が大きくなるほど、歯周病が進行しているほど治癒力が必要になってきます。回数のかかる治療はそれだけ重篤な状態だということをです。
また、小さなむし歯でも、本数が多いと回数がかかります。前回治療した部分に異常が出ていないかどうかを確認する意味でもある程度の回数は必要となります。
定期検診で見てもらっていれば初期むし歯はわかりますか?
もちろんわかりますよ。定期検診では初期むし歯はもちろんのこと、隠れたむし歯の発見、歯垢の付着具合から今後予想されるむし歯になりそうな箇所、歯ぐきの状態から歯周病予防のポイントなどプロフェッショナルでなければわからないことを診てゆきます。
今現在、特に自覚症状がなくても、定期的に検診を受けることをお勧めします。
虫歯の治療をしてかぶせ物をした後しみやすくなったのですが、なぜなのでしょうか?
虫歯の治療をした後は一時的に知覚過敏の症状が出ることがあります。比較的深い虫歯でかつ神経を取る根の治療を必要としなかった場合によくあります。虫歯を削った後は歯の神経に近くなるため、そこに詰め物やかぶせ物をした後も、冷たいものや噛んだ刺激が、しばらく知覚過敏として症状を出すことがありますが、大抵の場合、1~2週間でおさまりますよ。
歯は痛くないけれど、少し窪みのところが黒くなっています。これは歯磨きをしっかりすれば治るのでしょうか?
その黒い部分が虫歯なのかそうではないのかは、正確な診断が必要となります。
汚れや色素沈着であれば、歯磨きをしっかりする事によって汚れは取れますが、色素沈着で黒いものは取れにくいかもしれませんね。
仮にもし虫歯であったとしても、初期段階の虫歯であれば治療の痛みは少なく、治療期間も短く済みますので、まずは、是非一度、お気軽に相談しにいらして下さいね。
乳歯の虫歯は永久歯に生え変わるのでそのまま放っておいても良いですか?
放っておくのは良くないですね。虫歯が大きくなると、そこに食べかすが溜まりやすくなり、虫歯菌が増殖してますます虫歯がひどくなりますので、早目の治療をおすすめします。
また、乳歯には永久歯が生えてくるスペースを確保し、永久歯を正しい位置に誘導する役割があります。虫歯で大きく穴の開いた乳歯があると、歯並びや咬み合わせに悪影響を与え、最終的に永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。
定期健診は受けないとだめですか?
結論から言いますと、受けていただいた方が良いですね。
将来、多くの歯を残す為には、ご自身でのブラッシングケアに加え、歯科医院での歯石取りや歯周病のチェックを、定期的に受けていただく事も大事になります。
歯垢と歯石はどう違うのですか?
「歯垢」とは食べかすが菌の作用で変化し、歯の表面についた白い汚れの事で、「プラーク」とも呼ばれています。
「歯石」とは歯についた歯垢が固まって歯にこびりついたものをいいます。
歯垢や歯石の中身はほぼすべてが細菌で構成されており、歯に付着したままだととても不潔になってしまいます。
ブラッシングでは、歯垢の段階ならば、まだ柔らかいので、歯ブラシで磨き落とすことができます。しかし、磨き残した歯垢が歯石に変化してしまうと、硬すぎて歯ブラシでは磨き落とすことができなくなります。
この歯垢から歯石への変化は、わずか2日程で起こってしまうので、できるだけ早く、歯垢の内に磨き落とすことが肝心です。
 

歯周病のQ&A

歯ぐきが腫れていて磨けない時はそっとしておいていいですよね?
結論から言うといいとは言えません。
歯ぐきが腫れているということは、その中で歯周病が進行している最中なのです。
少しでも早く歯ぐきの腫れを治せば、その分だけ歯周病の進行を食い止められます。
歯ぐきが腫れた時は、できるだけ早く歯科医院を受診し、治療を受けていただくことをお勧めします。当院ではレーザーを用いて、できるだけ早く歯周病菌を退治、少ない痛みで歯ぐきの腫れを収める治療を導入しています。
歯石を取ったら歯の間がすいてしまうけれど、良いのですか?
歯石がついていると、歯周病が進行して歯ぐきが下がります。そこにできた隙間にさらに歯石がつきます。歯周病が進行してできた隙間は、埋まっていてはいけません。特に歯石なんかで埋まっていると歯周病はますます進行します。歯石の中身は、実は99%ばい菌です。
ばい菌の塊が歯についたままになっているのっていやですよね?
出来てしまった歯の隙間は、隙間のままが一番健康です。汚れのない歯ぐきは、グッと引き締まるので、自然と隙間ができますが(個人差はあります。)それはそれでよいのです。
生涯、自分の歯で過ごすためには歯ぐきの健康は欠かせません。歯垢や歯石がついてむくんだ歯
ぐきで歯の隙間が埋まっているよりも、引き締まった歯ぐきで歯に隙間があるほうが健康な歯ぐきなのです。
年齢を重ねるごとに歯並びが悪くなって、ガタガタになってきたのですが、それは年齢と関係がありますか?
年齢を重ねるごとに歯並びは少しずつ変化してゆきます。それは自然なことなのですが、歯周病を放置していたり、治療を途中でやめてしまって歯が抜けたままだったりすると、歯並びはもっと悪くなってしまいます。
歯が伸びてきたりグラグラになるのは、歯周病などの病気があることが原因です。
健康であれば年齢のせいだけで歯がガタガタになることはありませんよ。

ブラッシングのQ&A

歯ブラシの形や硬さはどれがいいのですか?
各メーカーがしのぎを削って様々な仕様の歯ブラシを開発しています。それらの特徴を理解し、うまく生かせる使い方ができるのであれば特徴的な歯ブラシを使うのも良いでしょう。
しかし、どんなに良いといわれる高価な歯ブラシを使用しても、プラークに届かなければ、どんな歯ブラシでも汚れは落ちませんよね。つまり、歯磨き方法の問題なのです。
多くの方には、普通の硬さの普通の形をした歯ブラシで十分ですよ。
歯ブラシや歯間ブラシを交換する頻度はどれくらいですか?
歯ブラシは使用しているうちに毛先が開いてきます。少しくらいならば続けて使っていても大丈夫ですが、後ろから見て広がった毛先がはっきりと見えるくらいになると、歯垢除去能力が交換したほうがガックリと下がりますので交換したほうが良いですね。適切な力加減で磨いていれば1ヶ月半くらいで交換時期が訪れます。
歯間ブラシは使い方によって異なりますが、折れてしまうまで使えばよいと思います。
たまに1回使って捨ててしまう人もいますが、きれいに清掃して再使用できますので、折れるまで使用していただいて大丈夫です。
歯間ブラシは使用したほうが良いのですか?
歯間ブラシを使用している人と使用していない人では、かなり差があります。
汚れの残り具合はもちろんのこと、歯ぐきの健康状態やむし歯の数にも大きく影響します。
むし歯や歯周病が歯と歯の間から起こることが多いのはご存知の方も多いとおもいますが、歯間ブラシは歯ブラシでは届かない歯と歯の間をきれいにする清掃道具ですので、多くの虫歯や歯周病を予防することができるのです。
面倒でやる気になれないという方は多いのですが、口の中の病気を抱え治療に何度も通うことのほうが面倒ではないですか?歯間ブラシを使う習慣をつけるだけで、治療に通う手間も時間も費用も節約できてしまうのですら、使わないのは損だと思います。
うまく使えなくてできない方は、使い方のコツを指導させていただきますので、是非ご来院ください。
普通の歯ブラシや歯間ブラシと水圧を利用した歯ブラシとではどちらが良いですか?
歯磨きグッズとして、多種多様な製品が発売されていますね。結果的には歯の汚れがキレイに落
せれば、何を使っていただいても良いと思うのですが、汚れに届いたときに確実に除去できるの
は歯ブラシのほうではないかと思います。しかし、どの道具も使い方次第ではないでしょうか。
汚れのついている場所を知り、自分のお口の状態に合った方法が一番きれいにできると思います。
これは個々で異なりますので、是非歯科医院でブラッシング指導を受けてみてください。
ブラッシング方法に精通したスタッフが、あなたに合ったブラッシング法を提案します。
市販のうがい薬でうがいをすると口臭予防になりますか?
口臭の原因は主に歯石。舌の上に着く汚れによるものと言われています。ほとんどの場合
はこれらを除去することで口臭の低下を図ることができるといわれています。
うがい薬でのうがいは、これらの補助的な役割になると思います。ですからうがい薬単体での
口臭予防効果は期待するほどは得られないのではないでしょうか?
口の中のトラブルの原因は歯の汚れであることが殆どです。まず、歯の汚れをきれいに落とすことを考えるのが近道だと思います。
歯間ブラシと歯ブラシは、どちらを先に使えば良いですか?
まず歯間ブラシを先に使って、歯と歯の間の汚れを落として下さい。
その後に歯ブラシで、歯と歯の間、歯と歯茎の境目の汚れを落として下さい。
その際、歯ブラシは基本的には、横に細かく優しく動かすようにして下さいね。
歯磨きは食後すぐにした方が良いですか?
まず歯間ブラシを先に使って、歯と歯の間の汚れを落として下さい。
そうですね、虫歯予防の為には、食後30分以内の歯磨きは効果的です。
食後、時間がたてばたつほど、お口の中の細菌が増えるからです。
子供の歯磨きについて。歯磨き粉の使用はいつ頃からですか?
小児の歯磨き粉の使用は、ぶくぶくとうがいが出来るようになれば使用されても良いと思います。

入れ歯のQ&A

入れ歯と自分の歯を磨く歯ブラシとを別のものを使うのはなぜですか?
自分の歯を磨く歯ブラシで入れ歯を磨くと、歯ブラシがすぐにダメになってしまうからです。
入れ歯には金具がついていて、その内側の汚れも落とさなければならなりません。
また入れ歯を磨くときは自分の歯のように優しく磨いてばかりでは汚れが落ちません。
時にはしっかりとこすらないと取れない汚れもあります。
これを自分の歯を磨く歯ブラシですると、すぐに毛先が開いてしまって交換しなければならなくなります。
ですから、入れ歯を清掃する時は入れ歯清掃用ブラシの使用をお勧めします。
入れ歯を洗わず、そのまま入れ歯洗浄剤の入ったケースに入れてもいいですか?
先ずは、入れ歯に付着した汚れ(食べかすなど)を入れ歯専用のブラシで水洗いして下さい。その後に、洗浄剤の入ったケースに浸けて下さい。それを浸けおき洗いといいます。
30分以上浸けおき洗いした後は、再度ブラシを使って、水でよくすすいで下さい。特に金属がついている部分はよくすすいで下さいね。
部分入れ歯を食事の時以外は外しています。問題ないですか?
入れ歯を食事の時しか使わないのは良くない使い方です。
歯のかみ合わせは、前歯と奥歯が揃っている状態でバランスが取れています。入れ歯を入れていないということは、どこかのかみ合わせがないということです。これはバランスの崩れた非常に危険な状態で、残っている歯に大きな負担をかけてしまします。
入れ歯を入れる本当の目的は、残っている歯の負担を減らし、守ることです。
ですから、入れ歯はできるだけはめておいてもらいたいです。
「洗浄時以外は常に入れ歯を装着しておく」というのが正しい使い方です。
入れ歯を熱湯消毒しても良いですか?
そもそも入れ歯は高熱によって変形する事があるので、熱湯をかけたり熱湯に浸すのは良くないです。入れ歯の洗浄、消毒は入れ歯専用の洗浄剤を使用して下さいね。
入れ歯は一度つくったら、壊れるまでそのままで良いですか?
入れ歯による痛みや不具合がなく、快適にお使いいただいていても、それを維持する為に、歯科医院での定期的なメンテナンスで入れ歯と、口腔内のチェックを受けていただく事をお勧めします。そうする事で常に入れ歯の適合状態も確認できますよ。
 
TOP